こんな場合はサロン脱毛は避けるべき

施術の前に激しい運動や飲酒をしたときは、サロンに行くのは避けたいです。激しい運動や飲酒は体を温める行為です。体の血流が良くなってポカポカした状態で施術を受けると、肌にかゆみや炎症を起こす恐れがあります。また、汗もかいてしまうので、毛穴も炎症を起こしてしまいます。また日焼けしているときは、光脱毛とレーザー脱毛を利用できません。これらは黒い色素に反応し、光やレーザーが照射されます。よって日焼けをした肌で施術を受けても、ムダ毛に対する反応が弱くなってしまいます。ムダ毛ではなく日焼けした部分に反応して照射する危険性もあります。さらに生理中に施術を受けることはできません。生理中は肌が荒れやすく敏感になっています。そのため、かゆみや痛みに過剰に反応し、肌荒れの原因になります。特にデリケートゾーンは普段から敏感で、衛生的な面も考慮する必要があります。生理中の脱毛は、ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌や肌のバリア機能が低下することで乾燥を悪化させます。また、いつもより体毛が濃くなる傾向があるので、あまり効果が出なかったりします。人によっては、処理後の普段のスキンケアが合わないこともあるので、脱毛は生理とかぶらない日に予約します。

Filed under: 未分類 — ちよ 2:15 PM