毛のう炎

毛のう炎になるのは、処理を行った後に毛穴にバイ菌が入り込み、そこが炎症を起こしてしまうからです。赤く腫れたり化膿してしまうこともありますので、処理を行う時には十分に気をつけなければなりません。自宅で処理を行う場合、気をつけているつもりでも間違ったケア方法を行ってしまったり、脱毛後の肌の回復が遅れてリスクが高くなってしまうこともあります。回復が遅れるのが肌状態によるところも大きいのですが、脱毛の方法によっても変わってきます。負担の小さい方法で処理を行えば、肌の回復は早くなります。
自己処理ではどうしても難しい、あるいはトラブルを繰り返しているという場合には、一度サロンで本格的な処理を行う必要があります。プロの手に任せるのですから当然費用はかかりますが、その分安全性が高く、効果も十分に得られます。
現在行われている方法の中で主流は光脱毛です。フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛・IPL脱毛といった呼ばれ方をされていることもありますが、仕組みはどれも同じです。これらの方法では周辺の皮膚に影響を与えることがありませんし、照射される光には毛穴を引き締める効果がありますので、毛穴が閉じるのも早まりますし、美肌効果も得られます。

Filed under: 未分類 — ちよ 3:08 PM