吃音、どもりの治療法マニュアル!直すには?

2018年12月5日

吃音、どもりの治療法マニュアル!直すには?

 

吃音、どもりの専門カウンセラーの島田さんが執筆、監修した克服マニュアルです。

著者自身も幼少期からの重度の吃音により、友達や先生からいじめにあっていた経験の持ち主です。

 

そんな著者自身が吃音、どもりを改善、克服、治療したマニュアルなので、とても実践的で効果があります。「毎日15分間あることをするだけ」の誰にでもできる治療法なのです。

吃音、どもりとは?

吃音やどもりは、会話時、発声時に言葉が続かずに止まってしまったり、

流暢に話す事ができない吃音症という疾病であり、コミュニケーション障害や言語障害の一つとしても考えられています。

 

程度の軽いものも含めると、日本では全人口のおよそ1%の人が吃音やどもりの症状を持っていると言われています。

また、成人よりも、子供、特に幼少期に多く見られる症状でもあります。

 

人それぞれ、また大人や幼児によっても、症状や原因、程度は異なります。

その為、病気と言えど吃音、どもりの治療法、改善法は画一ではなく、その人に適した治療方法が必要になってきます。

 

治療 克服 改善できます。

吃音やどもりは、的確な治療方法を反復で続けることで、現状の程度や症状よりも改善できることは間違いありません。

 

治せるものであるということを強く認識して下さい。

その強い気持ちが、退屈な治療を毎日続けることができる根気に変わるのです。

 

当サイトは、子供、幼児から成人、大人まで対応可能の治療方法を掲載、紹介していますので、

お子様が同症状を抱えられているご両親から、長年悩まされている成人の方までご覧頂けます。

 

そして、運営者が長年苦しみ続けたどもりを、実際に治療、改善できた方法を紹介していますので、安心してご覧下さい。

先進国と後進国

吃音、どもりは先進国に多いと言われています。

 

アメリカの著名な吃音学者であるウェンデル・ジョンソン氏が、それを提唱しています。

 

先進国では、面識のない人との対面が多く、また高度なコミュニケーション能力を必要とします。

言語も日進月歩増えていきます。

 

一方、高度な文明とは無縁の後進国では、集落や部落といった身内だけで生活している為、

緊張する場面、高度なコミュニケーション能力を必要とする場面がほとんどありません。

 

これらの事から考えると、吃音、どもりは先天的な要因ではなく、

外的要因によって、条件反射として、症状が慢性化すると言えそうです。

 

吃音・どもりの原因

⇒ 自宅で簡単に吃音、どもりが治ります

 

吃音・どもりの症状、種類は人によって様々あり、それぞれによって原因が異なる為、

吃音、どもりの明確な原因というのは医学的には解明されていないのが現実です。

 

ここでは、一般的に原因と考えられている幾つかの事項、諸説を並べてみたいと思います。

 

家庭環境

幼少期の子供の育て方やしつけが原因で、吃音、どもりが発生、悪化する場合があります。

 

例えば、子供が少し言葉を間違えたり、少しどもっただけで、きつく叱ってしまうと、

それがストレス、トラウマになり、流暢に発声することができなくなってしまう子供もいます。